組織

平成30年5月1日現在

  • 意匠商標部では、意匠および商標を専門とする担当者による意匠登録及び商標登録の出願業務(国内出願、外国出願)等を執り行っています。
    また、出願に関するご相談に限らず、調査、異議申立、審判請求、権利行使、権利移転、不正競争関連、著作権関連等の様々なご相談にも応じています。
  • 特許部では、電気分野、機械分野、化学分野それぞれの担当者による特許及び実用新案の出願業務(国内出願、外国出願)等を執り行っています。また、出願に関するご相談に限らず、調査、異議申立、審判請求、権利行使、権利移転等の様々なご相談にも応じています。
  • 外国出願サポート部では、特許及び実用新案の外国出願業務についての提携先現地事務所とのコレスポンデンス等、特許部のサポートを行っています。出願手続を行うグループ、中間手続を行うグループ、翻訳業務を行うグループに分かれています。
  • 内国出願サポート部では、特許及び実用新案についての国内出願業務、年金管理業務等について、特許部のサポートを行っています。対特許庁の業務を行うグループ、対クライアントの業務を行うグループ、図面作成の業務を行うグループがあります。
  • 中国Gでは、中国弁理士を始めとする中国語及び日本語の堪能な担当者により、特許及び実用新案についての中国出願業務等を執り行っています。